[目次] 2017年 春号 (通卷175号)

卷頭言

ブラックリストと「裏面憲法」のない社会を/ 韓基煜

特集_「ロウソク」革命、転換の始まり
白樂晴 / 「ロウソク」の新しい世上づくりと南北関係
劉哲奎 / 岐路に立った世界経済と私たちの選択
黃靜雅 / 民主主義はどんな「気持ち」なのか: 金キムヒと黄ジョンウンの近作小説
[対話] 禹知樹・李知垣・李振赫・千雄昭 / 私たちはロウソクを手に取った: 垣根を崩した若者たち

現場
韓洪九 / 「ろうそく」と広場の韓国現代史

論壇
ナンシー・フレイザー(Nancy Fraser) / 資本と世話の矛盾(ムン・ヒョナ訳)
安秉玉 / 「2℃と人類の未来: 技術楽観論を批判して
具甲祐 / 「核武器の文学」として回顧録を読む


金光圭 / 朝鮮の鶏 ほか
朴蓏娟 / 別れた名前が太陽を生んだ ほか
宋泰雄 / 無言劇 ほか
ュ・ジンモク / ベンジャミン ほか
李起聖 / マルクスを盗む時間 ほか
李起仁 / すいとん ほか
イ・ゼニ / もっとも後の声 ほか
張修珍 / ロワール川の異邦人 ほか
趙容明 / 人だから ほか
黃聖喜 / 時間の能力 ほか

小説
金錦姬 / 敬愛の心 (長編連載 1)
姜英淑) / 置いてきたもの
金呂玲 / 掃除
金愛爛 / 隠した手

作家スポットライト 趙海珍の小説集 『光の護衛』
申美奈 / 『光の護衛』を読む五つの視点: 趙海珍のカメラオブスキュラ

フォ_ この季節に注目すべきの新刊 / 孫宅洙・鄭珠娥・金言

文学評論
朴相守 / 無作法な子供らの冒険から日常再建の倫理的な責任感へ: 2010年代の詩と詩批評について

散文_・鄭美景の生と文学
鄭梨賢 / 次。次というのはナシとのこと
鄭智我 / あの深い多情と熾烈

寸評
河大淸 / メリンダ・クーパー(Melinda Cooper)の『剰余としての生命』
梁孝實 / ハンウリの企画・翻訳 『フェミニズム宣言』
南相旭 / 夏目漱石の『吾輩は猫である』
李必烈 / 呉・チョルの『天安鑑の科学、ブラックボックスを開ける』
金學哲 / 金・クンスほかの『いま、韓国の宗教』
金炫 / 鄭・ヒジンほか『両性平等に反対する』
廉東奎 / 車・ミリョンの『捨てられた可能性の世界』

読者レビュー
文炳勳 / 「創批」を再び会う
李柱惠 / レンガのように重く硬く

제15 大山大学文学賞受賞作
陸昊洙 / 詩部門_海辺のカーテンコール ほか
朴奎珉 / 小説部門_照明は月光
鄭熙晶 / 劇曲部門_絹織物
韓雪 / 評論部門_夕暮れが…… 沈む

創批の新刊

FacebookTwitterGoogle+Share

[目次] 2016年 冬号 (通卷174号)

卷頭言
我々皆の喊声が指し示すところ / 姜敬錫

特集_リアリティ探求のための文学的形式
宋鐘元 / 分裂する感覚の越えたリアリティ
鄭珠娥 / 肉体性の形式とリアリティ: 金オムジと崔ウンヨンの小説
柳熙錫 / 「87年体制」を哀悼する: 金スムと李インヒの最近作
崔元植 / わが時代における韓国文学の二つの触: 韓江と権ヨソン


韓国の「保守勢力」をする_韓国の財閥, 財閥の韓国? / 宋元根・申鶴林・李源宰・李日榮

論壇
李承煥 / 韓半島の軍事危機の構造と出口
スベン・ルーティケン(Sven Lütticken) / 著作権法時代の芸術作品

現場
柯思仁 / 東アジアの間に挟まれたシンガポール: 中国の発展と華人の地位
李向珪 / マイノリティーの目で韓国社会をみる④_「脫北者」を越えて

散文
金コムチ / 地震に一番強い者, 弱い者
アリエル・ドーフマン(Ariel Dorfman) / 『ドン・キホーテ』とともに亡命

25人新作詩選
河在姸・金重一・金經株・徐大炅・李謹華・朴蓮浚・金成大・姜聖恩・鄭漢娥・趙仁鎬・申美奈・朴濬・金炫・朴笑蘭・朱夏林・金昇一・庾炳鹿・黃仁燦・李雪夜・林承諭・宋昇彦・安姬燕・白恩善・申阧浩・韓仁埈

小説
李章旭 / ステラに乗るクナムという男と女
錦姬 / 村長選挙
黃貞殷 / 笑う男 (中篇特輯)
朴玟奎 /  ホーリーランド (中篇特輯)

文学評論
デボラ・スミス(Deborah Smith) / 言語的無重力の狀態に近い: 裵スア小説を翻訳する
林奎燦 / 狀況と運命、「脱鄕」と「帰鄕」の間: 李浩哲小説の世界

作家スポットライト_姜英淑の『灰色文献』
朴仁成 / 小說家の場所,あるいは灰色地帶の破裂音

フォ_この季節に注目すべきの新刊 /金素延・白智延・張怡志

寸評
張世眞 / 金学載ほかの『韓国現代生活文化史』 (全4卷)
柳受延 / 朴イリョンの『小說家仇甫氏の一生』
黃俊皓 / 鄭鉉坤ほかの『変革的中道論』
全致亨 / チョジンホの『ゲノムエクスプレス』
金泰源 / シェイクスピア(W. Shakespeare)の『ハムレット』
鄭義吉 / サミ・ムバイエッド(Sami Moubayed) 『ISの戦争』
盧瑞卿 / エメ・セゼール(Aimé Césaire)ほかの『私は黒人だ、私は黒人として居続ける』
陳泰元 / ジュディス・バトラー(Judith Butler)ほかの『剝奪』
盧泰孟 / 金サンスクの『10月抗爭』

読者_創批
朴海天・黃靜雅 / 文化資本の再分配のための人文学
趙韓惠貞・白英瓊 / 轉換期を突破できる創意的共有地になるように

第31回 万海文学賞 発表
本賞_李仁徽の小説集『廃墟をみる』
特別賞_金炯洙の『小太山評伝』
共同受賞 416シウォル号惨事作家記録団の『再び春は来ますよ』

18回 白石文学賞 発表
張喆文の詩集『比喩の外』

第6回 創批人文評論賞 發表
当選作なし

創批の新刊

 

[目次] 2016年 秋号 (通卷173号)

卷頭言
「どうせ」訪れる変化はない/ 白英瓊

特集_危機の資本主義、転換の契機
[特別対談]デヴィッド・ハーヴェイ(David Harvey)-白樂晴 / 資本の作動、世界/中国の行方
デヴィッド・ハーヴェイ / 実現の危機と日常生活の変貌
金鍾曄 / グローバル的資本主義に挑戦する教育改革の道
徐榮杓 / 体と記憶の叛乱: 資本の都市化に抵抗する
李必烈 / 気候変化、人工知能そして資本主義


 [韓国の「保守勢力」を診断する③] 保守的社会団体、どう動くか / 李娜美・鄭桓奉・藤井たけし・鄭鉉坤

論壇
徐進鈺 / 中国「一帯一路」の地政学的経済学
押川淳 / 日本社会運動を通じてみた大転換

現場
羅偀晶 / [マイノリティーの目で韓国社会をみる③] クィアなる市民権を向けて

寸評
朴素晶 / 金炯洙の『少太山朴重彬評伝』
全致亨 / 李瑛俊の『宇宙感覚』
孫洪奎 / バオ・ニン(Bảo Ninh)ほかの『波の秘密』
金成重 / トマス・ピンチョン(Thomas Pynchon)の『ヴァインランド』
金秀燕 / イム・オキの『ジェンダー感情の政治』
陳泰元 / ソン・ジェスクの『福祉の裏切り』
郭炯德 / 金時鐘の『朝鮮と日本に生きる』
林乙出 / 金永熙の『ベルリン壁の物語』

25人新作詩選
全大虎・イスミョン・文東萬・趙燕湖・文泰俊・金宣佑・鄭載學・權赫雄・金海慈・李永光・孫宅洙・金慶厚・金根・金言・申海旭・金敃廷・李濬揆・陳恩英・朴城佑・愼鏞穆・宋竟東・キムイドム・崔金眞・安賢美・高榮敏・韓姸熙(創批新人詩人賞受賞作)

小説
ジョン・ファジン / 記憶してますか
奇俊英 / ジョーイ
李柱惠 / 今日のやること(創批新人小説賞受賞作)
キム・オムジ / 雨の降る街(中篇特集)

文学評論
黃鉉産 / 工場と故郷: 『朴永根全集』を読んで
金曜燮 / 再び、ざわめきの文学

作家スポットライト_韓水山の『軍艦島』
沈眞卿 / 死と野蛮を越えて、封印された真実の記録

フォ _ この季節に注目すべきの新刊 / 金素延・朴濬・白智延

読者_創批
曺喜昖 ・金泰佑 / 公共性をもつ民主的陣地として残ってほしい
柳漢承・ 韓永仁 / もっと多くの友とともに歩んだ創批であるように

第34回 申東曄文学賞: 安姬燕 『あなたの悲しみが割り込むとき』
錦姬 『世界にないわが家』

2016 創批新人文学賞 韓姸熙・ 李柱惠

第31回 万海文学賞最終審査、大賞作発表

創批の新刊

[目次] 2016年 夏号 (通卷172号)

卷頭言
「87年体制の克服」は「変革的中道」をもって / 李南周

特集_韓国文学ざされた未来
姜敬錫 / リアリティーの再装填―異なる民衆、新しい現実、そして「韓国文学」
韓永仁 / 世界の不安を耐える二つの方式
梁景彦 / 生の可能性を信じる詩: 最近の詩が展望を画く方式
蘇榮炫 / 「ヘル(hell)朝鮮」から「脱朝鮮」を夢見ること: 新自由主義型の新人類の逆襲

対話
[韓国の「保守勢力」を診断する②] 韓国軍――民主的コントロールの圏外としての / 金鍾大・余奭周・李泰鎬

論壇
韓洪九 / 韓国現代史、同じで異なる三つの道: 金鍾泌・李鍾贊・任在慶の回顧錄を読んで
姜貞淑 / 韓国における日本軍「慰安婦」研究、どこまで来たのか

現場
鄭鉉坤 / 総選挙以後、市民政治の道を問う
梁慧宇 / [マイノリティーの目で韓国社会をみる②] 移住者の市民権を民主化する

散文
ミリュウ / 二回目の春に生じさせる質問

寸評
朴晋佑 / 金鍾曄のほか 『セウォル号の社会科学』
藤井たけし / デヴィッド・グレーバー(David Graeber)の『官僚制のユートピア』と『アナーキスト人類学のための断章』
鄭竜澤 / 金学哲の『何でもないことの喜び』
金志恩 / 金重美の『花は多ければよい』
全致亨 / イム・ウンギョンの『朴・サンピョウ評伝』
李廷進 / 申知瑛の『マイノリティーのコミューン』
陳泰元 / 東浩紀の『存在論的、郵便的』
金鍊鐵 / 朴明圭・白池雲編の『両岸で統一と平和を考える』

読者_創批
金亨美・李日榮 / 協同組合の眼から創批をみる
李東奇・白池雲 / 脫中心時代における知性誌の役割

25人 新作詩特選
金正煥 / 乳房の展望、日差しのように
南眞祐 / 古くさい額縁のなかの生
金秀烈 / 祝宴のコーヒー
李文宰 / 大家族
高在鍾 / 緑風への歸據
蔣正一 / ハングル「ㅁ」
黃仁淑 / 月蝕
全東均 / 目はなく眉毛だけが黒い
鄭華鎭 / あなたに河を貸してあげたのに
張錫南 / 夜の散歩
許秀卿 / 春の夢
鄭柄根 / 善人
趙銀 / 並んで
咸敏復 / 紙箱の詩論
金基澤 / フライドチキン
羅喜德 / 敷居の遠い言葉
嚴源泰 / 花柳の日々
崔正禮 / 案内放送
咸成浩 / 私たちはよく負ける
朴賞淳 / フィンランドの圖書館
朴瑩浚 / 佛光川
李源 / 死んだ人を呼んでくれませんか?
崔泳美 / 死は練習しえない
金素延 / iへ
趙起兆 / 甘い技術

小説
權汝宣 / あなたは分からないのである (中篇)
曺甲相 / 屛山邑誌の編纂略史
鄭美景 / 夜明けからかすかに
朴・サラン / #倦怠_李箱

文学評論
シン・セッビョル / 植物的主体性と共同体的想像力: 『(菜食主義者』から『少年が来る』まで、 韓江小説の軌跡と意義
都珍淳 / 詩人陸史の遺言、「広野」: 「死んでも休まない」

作家スポットライト_宋竟東の詩集『私は韓国人ではない』
朴笑蘭 / 心のねじを締める人

文学フォーカス
_この季節に注目すべきの新刊 / 金素延・金永贊・白智延

編集者
金善娥 / 労働と政治を失われて、尹東柱に共鳴する

創刊50週年記念 創批長編小説賞の発表_クム・テヒョンの『マンゴースクエア』

 

[目次] 2016年 春号 (通卷171号)

卷頭言
新たな50年を切り拓きながら / 韓基煜

創刊50周年特別企劃_創批に望む
金鎭虎・姜敬錫 / 遅さの言語で生に近づく
金杏淑・宋鐘元 / 作家とともにより広い「運動ー場」を
李啓三・李必烈 / 再び現場から始めよう
李向珪・鄭鉉坤 / 正義を求める善良な市民の雑誌
趙孝濟・金鍾曄 / 創作につながる言説になってほしい
押川淳・金杭 / 東アジアにおける人文雜誌の未來を拓こう

特輯_大轉換、どこから始めるべきか
韓基煜 / 文学の開かれた道-歪んだ世界と主体、そして文学
李南周 / 守旧(勢力)の「巻き返し戦略」と市民社会の「大転換」企画
白英瓊 / マイノリティーの人権と韓国社会市民権の再構成
黃圭官 / はたたきと鎖の間で: 民衆詩の現在と未來
黃靜雅 / 動物的なものと人間的なもの: 文学の質問と『エリザベス・コステロ(Elizabeth Costello)』

韓国の「保守勢力」を診断する ①
[対話] 韓国宗敎の保守化、どうみるべきか—基督教を中心に/ 姜仁哲・朴露子

24人 新作詩 特選
申庚林 / 鳥の群れ
高銀 / 靴一足
黃東奎 / 最後の視神経
馬鍾基 / 新設洞の夜道
閔暎 / 白粉花
李昇薰 / 秋のいろ
鄭玄宗 / 强風が吹くと
千良姬 / 夕べの停留場
姜恩喬 / 運祚の絃___チプシンそして夜の川流れの音
文貞姬 / ガチョウ
李時英 / 兄弟のために
鄭喜成 / しかしそれが何の問題だというのか
金勝熙 / 空は公平に
李相国 / 悲しみを探して
金明秀 / 戶籍
高炯烈 / ソウルに住むK詩人へ
金惠順 / 樂浪の姫
崔勝子 / ただただ
郭在九 / 一番寒い中江鎭 1
金龍澤 / 長く思ったこと
都鍾煥 / 靑年
李殷鳳 / 仁旺山の春
金栄承 / 足のタコをこすりながら
崔泳喆 / 同感

小説
黃晳暎 / お坊さん、マンガク
李起昊 / ずっと以前のキム・スクキは
趙海珍 / 散策者の幸福
崔正和 / 青いコートを着た男
孔善玉 / ウンジュの映画(中篇)

文学フォーカス
この季節に注目すべ木の新刊 / 金素延・金正煥・白智延

作家スポットライト_ 錦姬の小說集 『世にないわが家』
全成太 / 朝鮮語の行方、ディアスポラの運命

現場_マイノリティーの目で韓国社会をみる ①
金度賢 / 障害者は大韓民国の市民であるか: 労働権と自己決定権をとおしてみる障害差別主義と市民権

寸評
李日栄 / 金基元の『改革的進步のこだま』
金仝洙 / 黃靜雅の『槪念批評の人文学』
趙一東 / 金昌南の『私の文化遍歷記』
全致亨 / 具本権の『ロボット時代、人間の仕事』
徐東振 / ゲイル・ルービン(Gayle Rubin) 『逸脫』
陳泰元 / クロード・ルフォール(Claude Lefort) 『19~20世紀における政治的なものに対する試論』
ジョン・ヒョン /  サイモン・クリッチリ(Simon Critchley) 『信頼のない信頼の政治』

2015年 冬号 (通卷170号)

卷頭言
李南周 / 歴史クーデターではなく、新型クーデター局面である

特集_韓国の文学、今どこへ
[対話] 剽窃と文学権力の論難が韓国文学に投げた宿題 / 金炅延·金南一·蘇栄炫·尹志寬·姜敬錫
廉鍾善 / 創批をめぐる 剽窃と文学権力論の省察: 一内部人の視角
白智延 / 批評の質問はいかに帰還したのか: 申京淑の小説と90年代の文学批評言説
白樂晴 / 近代の二重課題、そして文学の「道」と「徳」

論壇と現場
柳昌馥 / 村共同体の政策と地域社会の市民生態系
林慶洙 / 社会的経済を活用する都農循環の持続可能な想像
ジョン・フェッファー(John Feffer) / 介入の誘惑を拒む: 地球の知的生命体を探して(柳先茂訳)
アリエル・ドルフマン(Ariel Dorfman) / 左の国家のエリス: 踊るか、踊らないか(姜美淑訳)
ジョン・ヒョン / セウォル号以後の政治的なことの「世俗化」(第5回 社会人文学評論当選作)

寸評
権赫泰 / 金孝淳の『祖国が捨てた人々』
金敎斌 / 田好根の『韓国哲学史』
廉馥圭 / 任東懃・金ジョンベの『メトロポリタン ソウルの誕生』
安秉旭 / 『金光国の「石農畵苑」』
趙泓植 / ウォルフガング・ストリーク(Wolfgang Streeck)の『時間稼ぎ』
李斗甲 / H.ローズ(Hilary Rose)ほかの『急進科学からみた遺伝子、細胞、脳』
金兌権 / 大塚英志・宣政佑の『大塚英志: 純文学の死・オタク・ストーリーテリングを語る』
崔正和 / クリストファ・イシャウッド(Christopher Isherwood) の『ノリス氏の処世術』 『ベルリンよ、さらば:救いなき人々』
金裕景 / マルシェと町の本屋(文化評)
金津經 / 不安は無限リフィルされる(教育時評)


金正煥 / 私の身に(長詩)
朴瑩浚 / 冬の帰郷 ほか
卜孝根 / 蜂 ほか
徐孝仁 / 延禧洞 ほか
宋在学 / 豚の枕元に横になった畜生: 内部4 ほか
申東沃 / 貯水池 ほか
禹大植 / 花の北方 ほか
兪熙敬 / 冬は冬に来る ほか
李珪里 / 白い月 ほか
李旻河 / ガラス漫才 ほか
曺容美 / 無限のテラス ほか

小説
成碩濟 / 憎む者も愛する者もなく
殷熙耕 / 星の洞窟
崔眞英 / 一晩

文學フォーカス
この季節に注目すべき新刊 / 愼鏞穆·鄭弘樹·崔元植

文学評論
廉武雄 / 林和の解放前後: 分断はいかに一詩人の生を崩したのか

作家スポットライト_白・ムサンの詩集『廃墟を引き上げる』
鄭宇泳 / 私たちの廃墟を直視しろ

白石文学賞・社会人文学評論賞発表
第17回 白石文学賞: 白・ムサンの詩集『廃墟を引き上げる』
第5回 社会人文学評論賞: ジョン・ヒョンの「セウォル号以後の政治的なことの「世俗化」

[目次] 2015年 秋号 (通卷169号)

卷頭言
白永瑞 / 剽窃と文学権力の論難を経験して

特集_時代転換の兆候を読む
金鍾曄 / 変えるか、徐々に死ぬか―87年体制の政治的転換のために
金鍊鐵 / 鏡の前で: 分断体制と北朝鮮の変化
金東椿 / 韓国社会の「対転換」の道: 『白樂晴が大転換の道を問う』を読んで
溫鐵軍•黃德興 / 中国の「一帯一路」は平和発展の理念か(白池雲 翻訳)

対話_解放・終戦70年、新しいパラダイムを求めて / 林熒澤•宮嶋博史•白永瑞

論壇と現場
マフムード・マムダニ(Mahmood Mamdani) / アメリカの起源「定着型植民主義」: 過去と現在(李廷進 訳)
徐民 / メルス事態を振り返って
金杭 / 立場から現場へ: 2015 東アジアの批判的雑誌会議参観記
高永大 / 中国に向けたアメリカTHAADミサイルの韓国配置: 米•中間の戦略安定の揺さぶり

緊急企画_ 剽窃問題と文学権力
鄭恩鏡 / 申京淑作家の剽窃論難について
金大成 / 韓国文学の「ジュニアシステム」を超えて
尹志寬 / 文学の法廷と批判の倫理: 申京淑作家のための弁論

寸評
李宇榮 / 金鎭香ほかの『開城公団の人々』
金峻亨 / ドナルド・グレグ(Donald P. Gregg)の『歴史の破片』
金楠時 / ヤン・ヒョシルの『権力に立ち向かった想像力、文化運動年代記』
成耆完 / 姜憲の『転覆と反転の瞬間』
趙一東 / 鄭勝求の『 キューバ 、革命より熱くて天国より見慣れない』
蔣正一 / 太宰治の中短編選『斜陽』
高秉權 / 富山一郞の『 流着の思想』
李斗甲 / ローレンツォ・フィオラモンティ(Lorenzo Fioramonti)の『数はどうやって世界を支配するか』
廉勝竣 / ロベルト・アンガー(Roberto M. Unger)の『政治』
庾炳鹿 / 「残酷児童詩」論難において(文化評)
金知學 / メルス事態を通してみた学校保健の実態 (教育時評)

小説_新鋭小説家特選
ヤン・ソンヒョん / 水銀の試み
李承恩 / ワルツ
林賢 / いい人
鄭映秀 / 愛好家
崔恩榮 / 遠いところから届いた歌
金樹 / ジェンガの時間(第18回 創批新人小説賞当選作)


郭孝桓 / 花びらのなかに載せさせた時間 ほか
金根 / 天使はどうやって ほか
金聖珪 / 私を探さないで ほか
金彦姬 / 再発 ほか
朴城佑 / 多情多恨多情多感 ほか
ベク・ムサン / 血の対称性 ほか
宋承桓 / 京橋莊 ほか
申東昊 / 骨 ほか
沈智兒 / 孵化 ほか
李奉煥 / 中学生 ほか
河在姸 / スノーマン ほか
金志允 / 満月注意報 ほか(第15回 創批新人詩人賞当選作)

作家スポットライト_金重一の詩集『私が生きていく人』
宋鐘元 / 私が生きていく詩

文學フォーカス_この季節に注目すべき新刊/ 愼鏞穆・鄭弘樹・黃靜雅

文学評論
咸燉均 / 不可能な身の語り: セウォル号時代の「詩的記憶」
李垠知 / 普遍と普通の間の記憶: 尹異形・鄭昭峴・金錦姬の最近作を中心に
金曜燮 / 歴史の目と語られない少年: 曺甲相の『夜中の目』と韓江の『少年が来る』について (第22回 創批新人評論賞当選作)

文学賞発表
第30回 万海文学賞: 受賞作なし
第33回 申東曄文学賞: 朴笑蘭の詩集『心臓に近い言葉』、金錦姬の小説集『センチメンタルも程々に』
2015年創批新人小説賞受賞: 金・ジユン(詩)、金・ス(小説)、 金・ヨソプ(評論)

読者の声
創批の新刊