[書評]遂に姿をあらわした「創批世界文学」

2012年 冬号(通卷158号)

 

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ他『創批世界文学』1~11、創批、2012

李在栄(イ・ジェヨン) 文学評論家、誠信女子大学校 教授  poesie21@gmail.com

 

사용자 삽입 이미지創批(以下、チャンビ)から世界文学作品集が刊行された。近年、韓国の出版業界においては、世界文学に関する出版がもっとも活発的だったともいえる。出版業界における成功が不透明なこの時代に、このように大きな規模の企画を作り出し、投資をしてくれている出版社をみていると、読者の立場からいえばありがたい話である。

このような状況において、チャンビが世界文学作品集を刊行することは、格別に興味がある。なぜならば、今までチャンビが、韓国文学に注力していながらも、世界文学の分野においては、積極的に活動してこなかったから、とも言えるかもしれない。しかし、それだけの理由ではない。もう一つの理由としてあげられるのは、早い段階から、白樂晴が「民族文学と世界文学」という概念の双を掲げ、既存の世界文学という観念に対抗し、その上、民衆的な観点における批判的受容と価値評価を主張し、この概念に存在する「西洋中心的思考」を、絶えず問題化してきたことである。たとえば、季刊『創作と批評』(2007年冬号)において、世界文学に関する特集が組まれたことは、その良い例であろう。この特集が刊行されてから、世界文学の観念に対する批判的な検討が活発に行われ、2010年には『世界文学論』(金英姫・柳熙錫編)という単行本も出版されることになったといえよう。
(もっと見る…)

FacebookTwitterGoogle+Share