「すでに来ている未来」の小説的主体たち

2012年 冬号(通卷158号)

사용자 삽입 이미지

黃靜雅(ファン・ジョンア)

文学評論家、翰林大学校翰林科學院HK教授。評論に「災難の叙事、終末の想像」、「異邦人、法、普遍主義に関する問い」などがある。jhwang612@hanmail.net

1. すでに来ているある未来?

この間、ある大統領選挙の候補が引用して有名となった「未来はすでに来ている。ただ広く広がっていないだけ」という文句がある。去る10、20年間われわれの想像力を制約してきた「代案はない」(TINA)という頑強な宣言に対抗するものとして、これほど適切な表現もなかろう。代案がないどころか、それはわれわれが生きていく今日に種として、あるいは実として育ちつつあるから、よく見分けて大事に育てていけばよいという意味として解釈しても差し支えなさそうなこの主張は、そういう点で何より希望的な便りである。だが、どんな文章であれ、だいたい一つ以上の解釈に開かれているに決まっている。この文章もまた、少し角度を変えるならば、緊急で厳しい警告として読まれ得る。振り返ると、容易く気付くほど広く広がってはいなかったものの、すでに来ていたもの、それで結局未来を掌握したものが、いつもよいものばかりではなかったからである。否、実は恐ろしいものが少なくなかったといったほうが実感に近い。例えば、リストラや非正規雇用、強制撤去のような事態を思い浮かべてみよう。これらのことは、一時的であったり例外的であったり、せいぜい枝葉的な事件なので、私、あるいは私たちの未来となるとはなかなか思えなかった。全体的に見て、世の中は前へ進んでおり、ある人は少し先に、また他の人は少し後になるかも知れないが、結局皆によりよい未来があるという信念に相変わらずも捕らわれていたせいも大きかっただろう。

(もっと見る…)

FacebookTwitterGoogle+Share

[文学評論]動的記憶の文学―黄晳暎文学が立っている

2012年 冬号(通卷158号)

佐藤泉

『客人』の衝撃について書きたいと思う。沈鬱な夢の記述にはじまり賑わしい巫祭へといたるこの作品は、芸術創造がそのままで鎮魂の祭りであるような文学のあり方を、驚くべき仕方で私たちに教えた。そして東アジア冷戦の信じがたい暴力とその暴風のさなかに置かれた人々の「記憶」の困難を教え、さらに、「想起」のリズムというものを教えた。

記憶、特に戦争の記憶について、私たちの社会ではよく記憶の風化、という言い方をする。岩に刻みつけられた文字が、長い年月、風雨にさらされ摩滅していくように、かつては鮮やかだった記憶も、時とともに薄れていくということだ。が、このように自然のイメージを流用する記憶の表象は、事実に照らして誤っているし、理論的にも転倒している。記憶と忘却の過程は、自然過程ではなく、現在と無関係に進むようなものではない。想起とは、倉庫のなかを探すように過去の事実を見つけることではないのだと、黄晳暎の創作活動を通して、私たちは理解する。__想起とは、過去の事実の単なる再生産ではない。かつて見えていなかったものが新たな意味をおびて見えるようになること、出来事の潜在的な意味を顕在化すること、なぜかつてはそれが見えなかったかを知ること、つまり過去の想起とは過去に関わるより以上に現在に関わる行為なのである。現在を危機のときとして感知した人々が、その切迫した危機感のなかで過去を振り返り、新たな文脈において記憶を記憶していく。この東アジアの作品は、記憶がこうしたきわめて動的なプロセスであることを、文学的実践それ自体において示してきた。更新された枠組みのなかで自分たちを新しく表象し直し、それによって自分たち自身を繰り返し生み出していく。過去の歴史を想記し再記憶する運動は、従属なき主体化へと向かう実践であり、それゆえそれ自体の歴史を持つ。そして、それは黄晳暎において文学史と重なりあうことになる。
(もっと見る…)

私たちの時代、韓国文学の活力と貧困 : 2010年代の韓国文学のための断想

特集 | 2010年代 韓国文学のために

2010年 冬号(通卷150号)

 

사용자 삽입 이미지
白楽晴(ペク・ナクチョン)paiknc@snu.ac.kr

 

 

文学評論家、ソウル大学名誉教授。近著に『どこが中道でなぜ変革なのか』『統一時代の韓国文学の価値』『白楽晴会話録』(全五巻)などがある。

1.「我々の時代」が正確にいつを指すのかは定義次第である。韓国語ではよく「私」というべきときに「私たち」と言ったりもするが、この場合、筆者個人が生きてきた「我々」の時代はこんにちの読者の多くには遠い昔の「他人の時代」と感じられがちである。しかし、実際に4・19〔1960年に起こった学生革命〕以後の韓国文学、とりわけ民族文学運動が再度展開された1970年代以来の文学は、未だに「我々の時代の文学」という面がなくもない。範囲をさらに狭めるとすれば、1987年の六月抗争以後の20数年の方が明白に「我々の時代」となるだろうし、この時期の文学はこんにちの若い読者にとっても「我々の時代の韓国文学」として、それほど距離感もないと思われる。

以下では文学の活力と貧困を論じていくが、さしあたり私が念頭に置いているのは、上記のように多様な意味をもつ「我々の時代の韓国文学」である。同時に、新しい10年代に入る2010年の時点にいるので、具体的な省察は2000年代の文学に集中するのも当然である。
(もっと見る…)